B-02-76

Shô-Kannon ÂryâvalokiteÅ›vara, forme fondamentale du boudhisattva 聖観音
Reiryûzan Jakushôji Yamagata-ken Tendô-shi Mogami n°1 鈴立山 若松寺(れいりゅうざん じゃくしょうじ) 山形県天童市山元 (最上札所 1番)
かヽるよに うま礼 あふみの わかまつや おいにも たのめ とこゑひとこゑ 最上札所第一番聖観音行基菩薩御作 山形県天童市字若松 鈴立山若松寺
聖観音立像
和銅元年(708)、行基菩薩が、元明天皇勅命による東国巡錫の途中、鈴の音に導かれて登山した山上で、光り輝く三十三観音像を感得し、開山した寺院。 本尊は、行基が刻んだ等身大の聖観音であるが、永久秘仏となっている。弘長三年(1263)、藤原真綱一族が、金銅聖観音懸仏を奉納した。
パンフレット
© Ofuda - 2019 - Mentions Légales 認可
Theming Juliette Ledermann