A-01-09

Shâkyamuni entrant dans le Nirvâna 釈迦涅槃像
Anô-ji (école Tendai) Kameoka-shi Kyôto 穴太寺 (天台宗) 京都府亀岡市穴太 (西国二十一番)
西国二十一番穴太寺諸病悉除之涅槃像
等身の釈迦涅槃像ありという
体の悪いところをさすると回復する。
当 寺は奈良時代の創建。 この釈迦涅槃像(鎌倉時代の作)については次のようなエピソードがある。 明治29年(1896)、娘の胸の病の平癒を祈って穴太寺に度々参詣していた女性が夢枕に穴太寺の釈迦涅槃像を見た。夢のお告げと悟り、急遽穴太寺にかけ つけ、住職にその話をすると、住職は、そんな仏さまはこの寺にはおられないと返事した。しかし、万一のことと、寺中探してみたところ、本堂の屋根裏に美し い涅槃像が見つかった。女性が娘の肌着で仏の胸をさすったところ、娘の病は急速に回復したという。
和紙
© Ofuda - 2019 - Mentions Légales 認可
Theming Juliette Ledermann